胸腺と免疫について考える サイマックス

一福堂薬局SPF家畜胸腺由来
サイマックスThymaX
トップページ
店舗ご案内
免疫とは?
胸腺と免疫
トピックス
ブログ

胸腺という臓器を知っていますか?
免疫機能の中枢を担う胸腺について考える

胸腺は、私たち哺乳動物の心臓の上に位置している二葉からなる白い小さな臓器です。
ここに血液細胞のもとになる細胞の幹細胞が骨髄から移って、急速な分裂と増殖を繰り返します。この幹細胞の分裂と増殖の結果からできた細胞がリンパ球で、中でもTリンパ球(T細胞)は免疫システムにおいて最も重要な働きをします。したがって胸腺は、免疫機能の中枢を担っている臓器、と言うことができます。
胸腺は思春期が最大で、青年−中年−老年期と徐々に萎縮していきます。このことから「胸腺は寿命を決定している」とも言われています。

Tリンパ球(T細胞)のTは、胸腺「Thymus」の頭文字

胸腺はリンパ球の教育機関 一昔前、胸腺のはたらきは謎に包まれていました。しかしながら、20世紀半ばから、徐々に解明されていきます。
胸腺を取り去ったマウスが、とたんに伝染病にかかったり、他の哺乳類の赤血球を注射しても抗体ができなくなるなど、免疫が機能しないマウスになってしまったのです。
胸腺では、骨髄から移ってきた幹細胞(血液細胞のもとになる細胞)が、急速な分裂と増殖を繰り返し、リンパ球となります。やがてリンパ球は、胸腺中を充満するようになります。
現在では、このリンパ球が免疫システム上で、重要な働きをすることが知られています。特に、Tリンパ球(T細胞)は、胸腺内で「自己」と「非自己」を見分ける能力を身につけており、病原菌や癌(がん)細胞などから身体を守る高度な免疫システムの中心的役割を果たします。
Tリンパ球(T細胞)のTの由来は、その教育機関である胸腺「Thymus」の頭文字です。

現在、免疫に関する研究は、非常に急速な進歩を遂げています。
最近では、T-リンパ球の分化成熟に不可欠な因子といわれる、胸腺ペプチドやサイトカインの研究が盛んに行われています。
中でも、「サイモポエチン」については、詳しく研究が進み、ドイツやイタリアでは1985年から先天性免疫不全症や癌(がん)による二次性免疫不全、自己免疫疾患などの治療に用いられています。
また、胸腺を自然に近い方法で抽出した胸腺抽出物には、これらの因子が含まれているといわれています。胸腺抽出物は、「飲む免疫」として多くの免疫研究者から注目されており、今後さらなる研究成果が得られることを期待されています。

サイマックス(ThymaX)−胸腺エキスよりつくられた健康飲料水−

サイマックス(ThymaX)

サイマックス(ThymaX)は、国内で生まれた無菌SPF家畜の胸腺から自然な方法で抽出した胸腺エキスでつくられている、健康飲料水です。毎日の健康維持にお役立て下さい。

サイマックス(ThymaX)のお問い合わせは、一福堂薬局まで。
>> 一福堂薬局 店舗ご案内

Copyright © 2006 Yahaba Pharmacy All Rights Reserved.